水やり胡蝶蘭は植物なので、当然ですが水やりも重要となります。他の植物と同様に気を付けておきたいのは、やはり根腐れです。胡蝶蘭も他の植物と同様に、水が多過ぎると根腐れしてしまいます。そうなるとやはり大変なことも多くなるので、気を付けておくことが必要となります。実際に一度根腐れすると、そこから復活することは難しい場合も多いです。泣く泣くそのまま枯らせてしまうという方もいるでしょう。水やりは1日~2日に1回でも十分です。ただ、胡蝶蘭のサイズや種類などによっても変わってくるので、そこは自分で判断して水やりするようにしてください。

怖いのは、複数の家族がいて、つい与え過ぎてしまうことです。誰かが水やりをしたのに、自分がやってしまって結局1日に何度も水やりしてしまう場合があるかもしれません。そうなると、水分が多くなり、胡蝶蘭にとってもストレスになります。結果的に枯れてしまうことが多くなるので気を付けておきたいところです。十分にゆとりのある環境を作り、水やりの回数なども工夫するようにしましょう。近年は胡蝶蘭を育てている方も多いですが、同時に枯らせてしまう方も多くなっています。しっかりと水やりなど、基本的なところから学んでいくことが重要です。


胡蝶蘭にとっては、気温と湿度が非常に重要となります。もともと東アジアの熱帯雨林の中で育ってきたということもあって、それらの環境を好むことが多いです。つまり環境としては、25℃~30℃前後を好むということが多くなっています。日本の平均気温は季節によって大きく変動するため、それらの環境を考えて胡蝶蘭を育てていくことが必要となります。

胡蝶蘭ちなみに、胡蝶蘭が好む気温を維持するのは、なかなか難しいこともあります。極端に気温の変化が激しいところに置いておくと、胡蝶蘭もストレスを感じるので気を付けることが必要です。また、湿度に関しては、熱帯雨林を好むということで、ある程度の湿度が必要となります。

ただ、湿度も高過ぎると胡蝶蘭のストレスになって枯れてしまうことがあるので、そこは注意が必要です。できる限り、湿度は一定に保ち、高くなり過ぎないようにコントロールしていくことが必要となります。なかなか素人にはそれらの管理が難しい面もあるのですが、住宅の中でも比較的安定している環境を作っていけば育てられないということはありません。デリケートな植物ということで管理自体は大変ですが、そこはしっかり考えて対応していくようにしましょう。最後に水やりについて説明します。


胡蝶蘭胡蝶蘭の置き場所は、意外と悩むことが多いです。太陽光が当たるところが良いのか、それとも直射日光は避けた方が良いのかで迷う方も多いです。基本的には、胡蝶蘭も花の一種なので太陽光は重要となります。太陽光がしっかり当たる場所に置いておくことが基本となります。ただ、あまりにも高温多湿になりそうな場合は、直射日光は避けて置いておくことも重要となるのです。胡蝶蘭というのは、基本的に水を必要としている植物でありながら、水が多過ぎると根腐れしてしまいやすい植物でもあります。以外にもデリケートな植物なので、その管理は大変な面も大きいと言えるでしょう。

まずは高温多湿を避けて保管・管理するようにしてください。ただ、もともと東アジア原産ということもあって、高温で多湿な環境に慣れているものもあります。その場合は、最適な環境を作ってあげることが重要となるでしょう。もちろん極端に高温多湿なのはダメということです。普通に胡蝶蘭が好む東アジアの環境に近付けるのであれば、多少は高温多湿な面も必要なことがあるということを頭に入れておくことが必要となります。そこを気を付けて管理しなくてはならないので、保管で失敗して枯らせてしまう人も多いです。


胡蝶蘭を育てようと思っている方も多いのではないでしょうか。実際に胡蝶蘭というのは、珍しい植物なのですが、日本でも育てている方はとても多いです。特徴的な花を咲かせる胡蝶蘭は、近年ではコンテストや大会なども開かれていて、一部のマニアや愛好家の間では、育てているという方も多くなっています

胡蝶蘭ただ、胡蝶蘭の育て方については、意外にも知らない人が多いです。やはり興味がある人しか知らないというのは、当然のことなのかもしれません。もちろん、知っている人の中でも、間違った育て方をしている方もいます。そういう人を減らしていくようにしないと、胡蝶蘭の文化はあまり広がっていかないかもしれません。胡蝶蘭を育てている人自体は日本中にいるのですが、しっかりと正しい知識を理解して、その上で育てていくことが必要となります。そこで、このサイトでは胡蝶蘭の育て方をメインに解説します。置き場所気温、湿度水やりなど基本的なことについて解説するので、参考にしてみてください。特に初めて胡蝶蘭を育ててみたいと思っている方にとって、最適な情報を提供することができれば幸いです。

内容自体は基本的なことになるので、胡蝶蘭を育てているベテランの方には、少し退屈な内容かもしれません。ただ、基本をしっかり押さえないとすぐに枯らしてしまうことが多いのが、胡蝶蘭の特徴となっています。まずは基本を押さえて、しっかりと育てられるようにしてみてはいかがでしょうか。