胡蝶蘭の置き場所


胡蝶蘭胡蝶蘭の置き場所は、意外と悩むことが多いです。太陽光が当たるところが良いのか、それとも直射日光は避けた方が良いのかで迷う方も多いです。基本的には、胡蝶蘭も花の一種なので太陽光は重要となります。太陽光がしっかり当たる場所に置いておくことが基本となります。ただ、あまりにも高温多湿になりそうな場合は、直射日光は避けて置いておくことも重要となるのです。胡蝶蘭というのは、基本的に水を必要としている植物でありながら、水が多過ぎると根腐れしてしまいやすい植物でもあります。以外にもデリケートな植物なので、その管理は大変な面も大きいと言えるでしょう。

まずは高温多湿を避けて保管・管理するようにしてください。ただ、もともと東アジア原産ということもあって、高温で多湿な環境に慣れているものもあります。その場合は、最適な環境を作ってあげることが重要となるでしょう。もちろん極端に高温多湿なのはダメということです。普通に胡蝶蘭が好む東アジアの環境に近付けるのであれば、多少は高温多湿な面も必要なことがあるということを頭に入れておくことが必要となります。そこを気を付けて管理しなくてはならないので、保管で失敗して枯らせてしまう人も多いです。

Comments have been closed/disabled for this content.