胡蝶蘭の気温と湿度


胡蝶蘭にとっては、気温と湿度が非常に重要となります。もともと東アジアの熱帯雨林の中で育ってきたということもあって、それらの環境を好むことが多いです。つまり環境としては、25℃~30℃前後を好むということが多くなっています。日本の平均気温は季節によって大きく変動するため、それらの環境を考えて胡蝶蘭を育てていくことが必要となります。

胡蝶蘭ちなみに、胡蝶蘭が好む気温を維持するのは、なかなか難しいこともあります。極端に気温の変化が激しいところに置いておくと、胡蝶蘭もストレスを感じるので気を付けることが必要です。また、湿度に関しては、熱帯雨林を好むということで、ある程度の湿度が必要となります。

ただ、湿度も高過ぎると胡蝶蘭のストレスになって枯れてしまうことがあるので、そこは注意が必要です。できる限り、湿度は一定に保ち、高くなり過ぎないようにコントロールしていくことが必要となります。なかなか素人にはそれらの管理が難しい面もあるのですが、住宅の中でも比較的安定している環境を作っていけば育てられないということはありません。デリケートな植物ということで管理自体は大変ですが、そこはしっかり考えて対応していくようにしましょう。最後に水やりについて説明します。

Comments have been closed/disabled for this content.